営業時間:9:30〜18:00
〒174-0062 東京都板橋区富士見町6-17

03-6905-6602 お申し込み

SALE BY PRIVATE CONTRACT

任意売却

不動産ローンでこんなお悩み御座いませんか?

住宅ローンの支払いで、以下のようなお悩みは御座いませんか?

毎月の住宅ローンの支払いが困難になってきた
会社が急に倒産してしまい、住宅ローンが支払えなくなった
離婚した元旦那が住宅ローンを滞納している
金融機関から督促状が届いてしまった
自宅が差し押さえられてしまいそう
裁判所から競売開始通知書が届いた
競売になってしまうと、ローンが残り、今後の生活が出来なくなってしまう

住宅ローンの支払いが困難になってしまった場合、「競売」になってしまうと、周りの人に知られてしまい、金銭的にその後の生活も困難になってしまいます。そういった場合には「任意売却」がオススメです。

任意売却とは

住宅ローンを利用して購入した不動産には必ず「抵当権」が設定されており、住宅ローンの支払いが困難になり滞納が続いてしまうと、最終的には裁判所に物件を差し押さえられ、物件は競売にかけられてしまいます。

競売の場合、物件は市場相場価格よりも安い価格で売却されてしまい、競売の売却金額では住宅ローンの残債をまかなえないケースがほとんどです。競売が実行されてしまった場合、物件所有者としての意思は全く考慮されず、競売側の決定で全てが進んでしまいます。

こういった「競売」という事態に陥ってしまう前に、専門不動産業者が債務者と債権者との間に入って物件の売却手続きを行うことを「任意売却」と言います。任意売却の場合は、通常の不動産売却と同じルートでの売却が出来る為、適正な市場相場価格での不動産売却が可能になります。適正価格で不動産を売却することが出来れば、その後も余裕を持った生活を送ることが可能になります。

しかし、「任意売却」は、通常の不動産売却に比べて専門知識と経験が必要となりハードルも上がります。また、任意売却を行うことの出来る期間は限られており、対策を行うことが出来る時間は長くはないので、任意売却の経験が豊富な専門業者に任せることをお勧めします。

任意売却のメリット(競売との違い)

任意売却には様々なメリットが御座います。

「競売」という最悪の状況を回避できる

任意売却により、競売という最悪の状況を回避することが出来ます。しかし、任意売却に着手することが出来る時期には限りがある為、早めの対策が必要となります。

物件売却後の生活の目処が立つ

競売になってしまうと、物件は市場価格よりも安い価格で売却されてしまい、競売の売却金額では住宅ローンの残債をまかなえないケースがほとんどです。競売が実行されてしまった場合、物件所有者としての意思は全く考慮されず、競売側の決定で全てが進んでしまいます。一方、任意売却の場合には、通常の不動産売却と同様の流れでの売却となりますので、適正価格での売却が可能となり、その後の生活の計画が立てやすくなります。

プライバシーが守られる

競売になると、その競売情報が新聞やチラシで公開されてしまい、近所の人に破産の事実を知られてしまいます。任意売却であれば通常の不動産売却と同じ流れでの売却となりますので、プライバシーが守られます。

引越し期間に猶予がある

競売の場合、全てが裁判所のペースで進んでいきます。競売となり売買契約が成立してしまうと、その後すぐに退去しなくてはなりません。一方、任意売却の場合は、債権者と交渉する余地が残されており、引越しの時期や残債の返済方法等を交渉することが可能となります。

任意売却が出来るタイミング

任意売却には、間に合うタイミングと間に合わないタイミングが御座います。早めの対策が重要になりますので、早めのご相談をお待ちしております。

滞納期間任意売却の可否状況
ローン滞納の直前可能毎月の返済は何とかできているものの、このままでいくと返済困難に陥りそうな状況です。
ローン滞納3ヶ月可能金融機関から督促状や一括弁済通知書が届くようになります。
ローン滞納4ヶ月可能競売の開催通知書が届きます。通知から4~5ヶ月程度で競売にかけられてしまいます。
ローン滞納5ヶ月可能
早急にご相談ください
調査のために裁判所の執行官が訪れます。競売にかけられるのは、もう時間の問題です。 状況により対応が異なってきますので、早急にご相談ください。